サードアイを開け!だれでも使える霊能力

ひとには第3番目の瞳、サードアイがあります。使われることが少なくなったため、ほとんどの現代人はサードアイが閉じています。
新緑と木漏れ日

ですがそうした能力は失われてしまったわけではありません。ほんの少しの努力でこの秘められた瞳を開くことがいまでも可能です。

サードアイが開くと、まずは直観力がはたらくようになります。危険を事前に察知できたり、他人との会話の進む方向がみえたりします。能力が開花するにつれて、そこにはいないはずの人物の姿がみえるようになる人もいるでしょう。

意識して練習を繰り返すと、サードアイは自分でも気づかないうちに少しずつ開いていきます。たとえば、いままでになかったような鮮烈な夢をゆくみるようになることがあります。こうした兆候は、第3の瞳が開きはじめているときにおこるものです。

自分のなかで閉じられているサードアイを開き、霊能力を高める方法をご紹介します。

さいしょに瞑想を行います。全身が完全にリラックスできるような、深い瞑想状態にはいっていきましょう。瞑想の習慣がないひとは、この練習だけをまず数週間続けてみてください。

瞑想状態にはいったら、手の指を額の真ん中へあてます。両眉の中央よりも、やや上のあたりです。ここにサードアイがあります。深くゆるやかな呼吸を続けながら、指で軽くサードアイの場所をなでてみてください。呼吸にあわせて、サードアイにエネルギーがはいったり放出されたりしている様子をイメージします。

前歯で舌先を軽く噛みます。音階のドの音で「トゥー」と発音します。小さな声でできるだけ長く発音しましょう。このときの発音の振動が歯に伝わることを感じてみてください。その振動がやがてサードアイにまで伝わり、第3の瞳を振るわせる様子をイメージしましょう。

こうした一連の練習を数ヶ月間続けていると、サードアイの位置が軽く熱を帯びたり、敏感になってきたりするのを感じるはずです。

それは第3の瞳が開き始めている証拠です。眠っている霊能力が目覚めるまであと少し。それまでに思いもよらなかった景色があなたの前にやがて開けてくるはずです。