パワースポットへ行こう!霊能力を活性化させる安全な場所

霊能力を早く感じられるようになりたいときは、パワースポットへ行くことをお勧めします。霊能力とは霊界への精神のチャンネルを開放することです。こうした場所でなら、高次の波長をもつ霊と交信する体験を安全に積むことができます。
霧島神社

パワースポットは神界・霊界への通り道です。地神をはじめ、高次の霊界に属するさまざまな霊体がこうした場所には集まっています。さいしょはなにも感じられないかもしれません。パワースポットを何度か訪れていると、それらと精神で交流するコツをしだいにつかめるようになります。

できれば1人でパワースポットへでかけてみましょう。霊と交信をするには、1人でいるほうが雑念を払いやすいからです。

パワースポットが近づいたら、自分が心地いいと感じられる場所で立ち止まります。静かに呼吸をしながら、雑念のない、心が凪いで静かになった状態になるように努めてみてください。よけいな想念が消えていくと、眠っていた霊能力が働き出し、パワースポットにある霊界のチャンネルと交信ができるようになります。

高次元の霊はさまざまな方法であなたに話しかけてきます。神々からのメッセージを聞き逃さないようにしましょう。なにげないことのなかにある言魂に気づくことが、霊能力を開花させる第1歩となります。

それらは人間の言葉であるとはかぎりません。多くの場合は自然を介しておこなわれます。たとえば、とつぜん風が吹く、雲間から太陽が現れる、雨が降り出すなどです。目のまえを、ヘビ、キツネ、イヌ、ネコなどの小動物がいきなり横切っていくかもしれません。自然現象のなかに、霊界からあなたへのはたらきかけを読み取ることが大切です。

とはいえパワースポットのような外出先で、心に凪をつくることは意外にむずかしいものです。この状況をつくるためにも、ふだんから毎日数分間の瞑想の習慣をもっておくといいでしょう。

パワースポットに集まっているのは高次元の霊体です。こうした場所でなら、安心して霊能力を高める練習を積むことができます。高次の神域にある霊はひとに憑依して害をあたえる心配はないからです。霊能力を磨き始めたばかりのひとは、高次と低次の霊の差がわからず精神の防御ができません。初心者が安全に鍛錬を積むためには、パワースポットは最適な場所だといえます。